仕事辞めたい!仕事ストレスで会社辞める!



⇒今の仕事を辞めたい人はコチラ

仕事辞めたい目次

仕事を辞めたい理由

仕事を辞めたい理由

誰もが一度は仕事辞めたいと考えたことがあるはずですが、その理由は様々です。

しかし、多くの人に共通する理由もあるのです。

最も多い理由が人間関係です。

仕事内容や職種に不満がなくても、職場の人間関係が問題となって仕事を辞めたくなることが非常に多くなっています。

職場の人間関係が悪いということは、仕事に問題が無い場合でも職場にいるだけでいたたまれない気持ちになり、ストレスが溜まってしまうのです。

すると精神的に辛くなり、自宅に帰ってからも悩まされることになります。

人間関係は仕事を辞めたい理由として最も大きなものであり、多くの人に共通しています。

仕事辞めたい

また、親の介護を理由に仕事を辞めたいということも少なくありません。

自分が歳を取るごとに親も歳を取っていき、介護が必要になる時期がやって来ます。

これまで人生の大事な時間を使って自分を育ててくれた親を、今度は自分が時間を使って支えるときが来るのです。

親のために仕事辞めたいと考えることは決して珍しいことではありません。

若い世代に多いのが、起業するために仕事を辞めるという理由です。

会社員として会社のために働くのではなく、自分で会社を立ち上げて自分のために働くことを目標としている若い世代が増えてきています。

企業には膨大な準備が必要で、現在の仕事を続けながらでは出来ないことも少なくありません。

そこで、仕事を辞めるという重大な選択をして自分の未来を切り開いていくのです。

給与明細を持つ手が震える!仕事辞めたい理由は「お金」

給与明細を持つ手が震える!仕事辞めたい理由は「お金」

子どもの時に将来の夢を友達と語り合ったり、文集に書いた記憶のある人は少なくありません。

運動が得意な子どもはサッカーや野球選手になりたいと子どもの頃から練習を重ねて夢に向かって努力する人もいます。

女の子に人気の保育士やパティシエなどの職業に就くために専門的な勉強ができる学校に行く場合もあります。

いずれにせよ、将来自分がなりたい職業ややってみたい仕事は、自分の生きがいや遣り甲斐として自分自身を支えていくこともたくさんあります。

しかしながら、なりたい職業に誰しもが就けるわけではありません。

人生の選択を行う中で様々な理由で、自分の希望の職種とは違う仕事に就く人もたくさんいるのです。

人が働く理由はたくさんあります。

前述した通り、生き甲斐や自分の夢を叶えることもその理由の一つです。

しかしながら私たち人間が働く一番の切り離せない理由としては、生きていくためにはお金を稼ぐ必要があるという理由が挙げられます。

経済的に十分なゆとりがある家柄などに生まれ育てば、働かなくても生計を立てていける場合もありますが、多くの人はそうではありません。

自分が生きていくため、家族を養うため、将来の老後を安心して過ごすためにも働く必要があるのです。

仕事に就いても、仕事辞めたいと切実に悩んで転職を行う人もたくさんいます。

その理由の一つとなる大きな原因は給料の低さにもあります。

私たちは生きていくために毎日必死に働いた分を、その労働の対価として給料として受け取ります。

しかしながら、厳しい仕事内容や過酷な労働環境であればあるほど、給料が低いと感じてしまえば労働の意欲は著しく低下し、仕事を辞めたいと悩んでしまうのです。

他人に振り回されてイライラMAX!仕事辞めたい理由は「人間関係」

他人に振り回されてイライラMAX!仕事辞めたい理由は「人間関係」

仕事辞めたい理由というのは、仕事内容そのものが気に入らないというようなこともありますが、そうではなくて人間関係に不満があって辞めたいということもあるものです。

人間関係が辞めたい理由の一つになっているような時は、職場の環境や職場が変わらないと解決できないようなこともあるので大変です。

仕事で関わらなければいけない時だけかかわるようにして、それ以外はできるだけ離れるようにするなど、自分なりに対処していくことが必要です。

ですが、それでもイライラしてしまって逃げ場がないような時は、自分から仕事を変えるという方法もあります。

上司に相談してみたり、自分の精神面がやられないような解決策を練っていくようなことも必要になってくるでしょう。

そして割り切ることも必要です。

仕事の業務と違って、人間関係というのは効率良くすれば解決できるものでもないものです。

ですから、諦めてしまうことも解決策の一つになります。

特に高齢の人であれば、今までの価値観を変えることというのはできないことがほとんどです。

人から正論をぶつけられても、逆に言い返されてしまってうまくいかないということもあるでしょう。

ですから、なんとか性格を変えようとするのではなく、諦めて付き合っていくということも必要です。

自分が折れる部分も作っていくということで、辞めたい思いを軽減させていっても良いです。

自分の考え方次第で、人間関係というのは良くも悪くも違ってくることが多いです。

働き始めて分かった実態!仕事辞めたい理由は「仕事内容」

働き始めて分かった実態!仕事辞めたい理由は「仕事内容」

理想の企業に就職して働きたいという思いは、就職前には誰もが思う事です。

憧れが強ければ強い程、実際に仕事をして不満が生じる確率が上がる傾向があります。

就職をして、まず理想と違ったと失望するのは自分で希望した部署に配属されないという事です。

例えば、どの企業にも存在する経理部や総務部関連などは商品開発や営業活動など行う部署と比べると、地味で退屈な仕事内容に見えてしまいがちです。

しかし、企業というのは表に見える派手なイメ-ジだけではなく、陰で支える部署の働きがあるからこそ成り立つものなのです。

電話応対や事務作業は華やかさはありませんが、企業の実務にかかせない仕事であるのに内容に納得がいかない場合はすぐに不満が出て、仕事を辞めたいという発想に繋がってしまうのです。

理想の部署に配属された場合でも、あまりに仕事内容がハ-ドであった場合にも、仕事辞めたいと感じてしまうきっかけになると考えられます。

朝から夜遅くまで仕事に明け暮れるような日常を送っていると、精神的にも肉体的にも追い詰められ、仕事を続けていきたいという熱量が下がってしまいます。

様々な事態が考えられますが、どんな職業でも働き始めてみなくては、働きやすい素晴らしい環境であるかどうか判断する事は極めて難しい事です。

与えられた仕事内容をただこなすだけでなく、自分なりの改善や向上するアイデアを生み出していく事が、働き始めてすぐに仕事辞めたいなどと悩まずに済む方法であると考えます。

会社に身をささげすぎ?仕事辞めたい理由は「労働時間」

会社に身をささげすぎ?仕事辞めたい理由は「労働時間」

仕事辞めたい理由はさまざまあると思いますが、そのなかの一つに労働時間があります。

休みたいのに休めない、サービス残業が毎日のようにある、無駄に仕事を多く振られるといった事で必要以上に仕事をしないといけなくなり、疲れてしまって仕事を辞めたくなる事が多いでしょう。

毎日のように働きづめで労働時間が多くなると家に帰るのは寝るためだけ、休むの日も疲れているので遠出はせずに一日中家の中といった生活を続けていくと、体力的な問題だけではなく精神的にも参ってしまいます。

その他にも影響はありまして人付き合いが悪くなって友達が少なくなったり、生活バランスが悪くなり病気になりがちになったりと生活のバランスがとても悪くなります。

忙しい生活をしているからこそ一つの事に集中できたり、仕事のなかでスキルを身につけられたり、大きな経験を積めたりするわけですが、精神的にも体力的にも限界を感じてしまう事も少なくありません。

もう続けられないといった感じで仕事を辞めてしまう人は多くいますが、忙しい仕事のなかで目標が達成できたり、一区切りがついたりすると達成感もあり、それなりの喜びも感じて精神的にも解放されるからこそ続けていくという方も多いでしょう。

労働時間の多さは単純に体力的な問題に直結しますので、いくら頑張ろうといった精神力や向上心などがあったとしても限界というものがありますので、精神的に参ったり病気になるぐらいだったらと仕事を辞めてしまう方は大勢います。

これ以上は会社色に染まれない!仕事辞めたい理由は「社風」

仕事を辞めたいと思うことは、働いていれば思うこともあります。

人間関係、仕事の内容などが原因で仕事辞めたいと考えることもあるでしょう。

仕事が終わってから、付き合いの飲みなどが嫌だという方、また、社風などになじめない、染まれないという方もいます。

給料やそのほかの条件に惹かれて入社してみたものの、自分が思ったような会社ではなかったということもよくあることです。

しかし、会社に入ってみないとどのような社風なのかということはわかりにくいともいえます。

ですが、ある程度、会社の雰囲気、また、自分に合うかどうかを判断するのには、いろいろと情報を集めることで、ある程度チェックすることもできるでしょう。

まずは、会社の社長のコメントなどをみてみるといいでしょう。

求人サイトや会社のホームページなどで社長のメッセージなどがある場合にはチェックしてみるといいでしょう。

その内容から、どのような人物なのかを知る手がかりになることもあります。

また、面接時に会社での仕事の流れなどを質問してみるのもいいでしょう。

どのような流れで仕事をしているのか、また、飲み会、朝礼といった場合にはどのような雰囲気なのかなども状況によって聞けそうな場合には、質問してみるのも判断材料となるでしょう。

また、会社に関しての口コミ情報などもある程度参考にするといいでしょう。

すべてが真実とは限りませんが、ある程度参考にすることは出来る場合もあります。

会社の理不尽な扱いに涙!仕事辞めたい理由は「評価」

会社の理不尽な扱いに涙!仕事辞めたい理由は「評価」

仕事辞めたいという悩みは、割とポピュラーなものです。

一度も仕事辞めたいと思った事は無いと言う人の方が少数派です。

辞めたい理由は様々ですが、会社からの不当な評価に苦しむのは常に上位に来る理由です。

会社の評価システムそのものに納得がいかないということもあれば、上司とそりが合わず、自分の実績や成績を認めてもらえないということもあります。

例えば、入社してから誰より結果を出してきたのに出世のスピードが周りと変わらなかったり、大した実績を残すことなく上に上がっていく人を見たとき、必死にやっている自分と比較して傷つきます。

また、もっと大きな仕事を任せて欲しいのに、なかなかそうならないという悩みのパターンもあります。

正当な評価を得られていないと感じる事は、モチベーションの低下に直結します。評価をされて初めて報われるということもあります。

ただ自分と向き合っていれば良いという仕事であれば話は別ですが、会社に所属する以上、評価や褒賞はとても大切なポイントです。

このギャップに苦しむ人は、仕事辞めたいと思うようになります。評価に悩んでいる人は、その苦しみを社内の人に相談するのは難しい場合が多いです。

腹を割って本音で話ができる人がいればその苦しみはかなり違ってきます。

話すことで楽になると言うことも多いからです。

社外の人や、昔からの友人、知人などに相談をすればそこからまた違う展開が生まれたり、考え方を変えてくれたりもするので、たまには愚痴を言ったり、ガス抜きをすることも大事です。

仕事辞めたい!ただただ働きたくない

毎朝起きたら仕事に行き、仕事が終われば自宅に帰り、また朝になれば仕事に行くという生活サイクルの人が、仕事辞めたい!と思いだした場合にはどうすればいいでしょうか。

これといった理由があるわけでもなく、ただただ仕事を辞めて働きたくないということなのであれば、仕事に対する意欲も完全に失った状態になっていることでしょう。

ただただ仕事辞めたいと考えたときには、仕事を辞めてみるのもいいですが、とりあえず先のことも考えてから辞めるようにしなくてはなりません。

もしも、その先の生活のことを何も考えていない状態で、辞めても何とか生活できるだろうという甘い考えはとても危険です。

貯金もほとんどない状態で辞めてしまえば生活はどうなるのでしょうか。

貯金がない状態でしばらくのんびり過ごそうと思ったとしても、生活が出来るものではありませんので、楽しい生活が待っているわけではありません。

仕事に行くのが面倒だから、辞めて家でのんびりした生活がしたいと思っていたとしても、お金がなければのんびりすることもできないでしょう。

生活をするためには最低限のお金は必要です。

光熱費も支払わなくてはなりませんし、食費だって必要になります。

もちろん自分のしたいことをしたいのであれば娯楽費だって必要になりますので、ただただ仕事を辞めたいから辞めても何も残りません。

仕事を辞めた後の生活が現実的にどんなものになるのかを考えてから辞めるかどうかを考えましょう。

仕事を辞めたい理由1位は人間関係?

仕事を辞めたい理由1位は人間関係?

月曜日がやってくると毎回、「はあ、仕事辞めたい・・・」なんてため息をついていませんか。

仕事を辞めたい理由は人それぞれです。

あなたはなぜ、今の仕事を辞めたいのでしょうか。

まず挙げられるのが、人間関係です。

人間関係が原因で、仕事を辞めたいと考えている人は非常に多いものです。

例えば、上司と気が合わなかったり、職場の先輩から執拗ないじめを受けていたり。さらに、会社側が部署移動などの対応をしてくれないとあれば、辞めたくなるのも必然です。

会社側と言い合いになってしまい、職場に居辛くなるなんてこともありますよね。

そうした場合、我慢して勤務し続けるのは精神衛生上、良くありません

人間関係が悪いのに、いつまでも会社に執着してうつ病になってしまう人もいます。

心を壊してしまわないうちに、早めの決断が吉です。

次に、仕事を辞めたい原因として、人間関係に匹敵するほど多いのが金銭問題です。

例えば、会社側の都合による減給や福利厚生のカットなどが挙げられます。

家族を養っていく上で、お金はどうしても必要不可欠です。

どんなに慣れた仕事であっても、お金が稼げなくては、転職を考える要因となります。

自分の働きが給料に見合っていない場合は、もっと条件の良い会社へ転職したほうが良いと考える人がほとんどでしょう。

最後に、労働環境の悪さから仕事を辞めたいと考える人も多いようです。

日本人ならではですが、「働き過ぎ」の問題があります。

毎日終電帰り、休日出社は当たり前、などいわゆる「ブラック企業」に勤めている場合、転職したくなるのは必然と言えるでしょう。

状況別の仕事を辞めていい人・ダメな人

状況別の仕事を辞めていい人・ダメな人

毎日懸命に働いていれば、必ず不満が生じてくるものです。

努力と結果に見合わない評価、どうしても気の合わない同僚、あまりにも多いサービス残業等々、ひとつひとつ挙げていけばきりがないことでしょう。

仕事辞めたい、そう思った時に、実際に仕事を辞めていい人とそうでない人について分類してみましょう。

まずは労働基準法に違反した悪質な職場にお勤めの方、上司や同僚から執拗な嫌がらせ行為を受けて苦しんでいる方、今すぐ労働基準監督署に飛び込み相談した後に退職しましょう。

日本は法治国家です。

我慢して劣悪な職場環境に耐えたり一方的に搾取されたりする必要など微塵もありません。

公務員試験に挑戦したい、海外留学したい、資格取得のために集中して勉強に取り組みたい、こういった夢をお持ちの方も仕事を辞めていい人です。

退職後の生活に備えて貯金を蓄えた後に、職場に報告して円満退社を目指して下さい。

人間関係がうまく築けず馴染めないという方、仕事を辞めてはいけません。

新しい職場で人間関係に恵まれるという保証はまったくありません。

同じ状況に陥ってしまったら、また短期間で職場を去って転職は一段と不利になります。

ご自身の病気やご家族の介護で今まで通りに働くことが難しくなってしまった方、どうぞ辞めないでください。

仕事を辞めてしまうと、社会的にも精神的にも孤立する恐れがあります。

休職や介護休暇を願い出て、在籍したままで少しでも事態が好転よう取り組んでみて下さい。

人間関係で煮詰まっている人は仕事を辞めた方がいい

子供の時にも友人関係での悩みはありますが、それは社会に出て働き始めてからも続いていく事もあります。

接する人すべてと相性が良ければいいですが、なかなかそういった環境が整っているかどうかはわからないものです。

職場での人間関係をうまく築くことが出来なければ、楽しい気持ちで働くことはできません。

ただ合わないというだけであれば、最低限仕事で必要なことだけで接するようにしていけばいいですが、こちらは避けていても相手がやたらと喧嘩を売ってくるような場合もあるでしょう。

陰険ないじめのようなことをする人もいたり、集団で無視をしたり仕事の邪魔をしてくるようなことになれば仕事どころではなくなってしまいます。

仕事をしていくうえでは、巧な嘘によって人を陥れようとしてくる人だっていますので、人間関係がむちゃくちゃになってしまうようなこともあるのです。

そのようなひどい環境の中で働いていくのは、仕事辞めたいと思うようになっても不思議ではありませんし、むしろ自然な気持ちの表れともいえるでしょう。

あまりにも仕事にも悪影響が出るような職場であれば、無理をせずに辞めたほうが自分のためになります。

酷い環境でストレスを溜めてしまえば、体自体を壊してしまうことになりますし、心まで壊れてしまってもいけません。

限界がきてからでは遅いですので、限界が出る前に自分から辞めるようにしたほうが正しい選択になりますので、自分のためにも辞めるようにしましょう。

人間関係以外でストレスフルな人は仕事を辞めない方がいい

私生活でトラブルがあったり、仕事でうまくいかないことがあったりすると、ストレスが溜まってふと仕事辞めたいと思うことは誰にだってあります。

また、仕事を続けているなかでも何年かとキャリアを積み重ねていると自分はこのままでいいのかなと感じたり、他の経験もしてみたいと思い立つタイミングも定期的にめぐってくるものです。

しかし、一時の感情の高ぶりや自分ならもっとできる場所があるのではないかといった意識の高まりによって、今まで積み重ねてきた現職での経験やキャリアをなくすことは良いとはいえません。

もちろん、何が原因で自分にストレスが溜まっているのかをしっかりと認識し、それが職場の人間関係であり改善のしようがなく職場に行くことすら辛く拒絶反応が出ているとか、精神疾患を患うほどにひどい人間関係で仕事というよりも人が嫌だという場合には、精神衛生上良くないので自分の身を守るためにも早めの決断をすることが大切です。

しかし、人間関係以外のところでストレスを感じているという場合であれば、それは改善できることが多いからです。

例えば、仕事が全然できなくて自分は足手まといになっているのではないか?という意識ならば、最初はみんなそうであり、そこを乗り越えて成長することを期待して採用や先行投資を会社側も行ってくれているということを思い出しましょう。

また、給与があがらなかったり、昇格しなかったりというキャリア面での不満であればしかるべき相手や部署に相談し、対応をお願いすると良いでしょう。

本人にしっかりとした勤務態度と能力があれば、改善は可能です。

まずは今いる場所での自分の存在価値を高めることを意識してみると、環境や見え方も変わってるといえます。

うつ病の人や、うつ病一歩手前の人は仕事を辞めるべき

仕事の人間関係や、仕事内容でストレスを抱えている人も多いでしょう。

仕事場は、家庭にいるよりも長くいる場所なので、多くの時間を費やすことになります。

ストレスが長く続くと、不眠や、頭痛、肩こり、吐き気などが起きることもあります。

眠れないと次の日の仕事にも支障が出てくるので、仕事に行くのを苦痛に感じる人も多いでしょう。

仕事辞めたいと感じて、毎日我慢していると、ストレスも溜まり体調が悪化することもあります。

症状が長引く場合、体調が悪い時は、専門医に通ったり、医師に相談することも大切です。

そのままにしておくと、うつ病やうつ病が長引くこともあるので、仕事を辞めることを考えることもポイントです。

なかなか辞めることができない人も多いですが、無理をして仕事に行って、慢性のうつ病で悩んだり、ずっと仕事ができなくなる人もいます。

人間関係がつらい、ストレスが大きくて仕事に行くのが不安があるなど、うつ病や、うつ病の一歩手前と感じている人は、仕事を離れることで、身体も楽になり、うつ病も回復していきます。

完治してから次の仕事のことを考えたほうが、症状も良くなります。

うつ病の人が、そのまま我慢して仕事に行っていることで、症状も悪化して、治らないでそのままうつ状態が続くこともあります。

仕事辞めたいと長く続いている場合は、仕事を辞めることで身体も、心の状態も楽になります。

長い人生の中で考えて、ゆったりした気持ちで一歩一歩前に進むことが大切です。

疲れている人は仕事を辞めないほうがいい理由

仕事辞めたいと思っている人がいたとして、その理由が単に疲れているからという場合は、一般的には仕事を辞めないほうがよいです。

ただし、誤解のないように言っておきますが、いわゆるブラック企業と呼ばれるような職場にいる人で、尋常でないような長時間労働をしているために疲れているという人は、今すぐに辞めるべきです。

そのまま続けていると、それこそ命を失うことになりかねません。

仕事、そして仕事による収入も大事ですが、命以上に大事なものはありません。

ここで言っているのは、世間一般からみて決して長時間労働でもないし肉体的にハードな仕事でもない、だけれどもその人個人としてはある程度の限界を越えてしまっていて疲れている、というようなケースです。

この場合に辞めないほうが良い理由は、単純に言って一つです。

人間、疲れているときに正常な判断ができますか?ということです。

学生時代のテストでも何でも思い出していただければよいのですが、疲れているときにまともな考え方はできないでしょう。

何も思いつかなかったり、普段の自分とは違う判断をしてしまうかもしれません。

そういうことを避けるためにも、単に疲れていると感じたときには仕事を辞めるような判断をしないほうが良いのです。

これは仕事だけに限りません。

生活全般で大きな判断、決断は避けるべきです。

例えば結婚、離婚、引越し、高額商品の買い物などが挙げられるでしょう。

必要なことは、会社を辞めるのではなく一時的に休みを取ることです。

その仕事に「向いてない」なら、1年で辞めた方がいい

仕事を選ぶときには、どんな選び方をしているでしょうか。

自分が興味がある仕事だからとか、自分に向いていると思う仕事だからという理由で選んでいるものかもしれません。

しかし、働いてみることによって、その仕事がわかってくることもありますので、求人の段階では自分に合っている仕事かどうかを判断するのは難しいことでもあるでしょう。

働き始めてみると、まずは仕事に慣れるように努力をしていかなくてはなりません。

仕事内容をしっかりと覚えていかなくてはなりませんし、それをこなしていくようになります。

慣れるまではたくさん戸惑うこともありますので、その段階で仕事辞めたいと思うこともあるはずです。

しかし、慣れる前に判断するのは早すぎますので、判断するのはもう少し先になってからにした方がいいでしょう。

例えば、一年間程度仕事を頑張ってみると、技術の必要な仕事でなければ、大体の仕事に慣れてくるようになります。

この仕事に慣れた段階で向いているか向いていないのかを判断してみるといいでしょう。

慣れてきても向いていないと感じる仕事は、続けていく必要はありません。

慣れても向ていないのであれば、この先も自分に合った仕事になるとは言えないからです。

一年たった段階で向いていないと判断できた場合には、他の職種の仕事を探すようにして、新たな道に挑戦するようにしたほうがいいでしょう。

判断する時期を誤らないように、一応の目安として一年は努力を続けてみる必要があります。

ただ、あまりにも苦しい場合には、早めに会社を辞めた方がいいでしょう。

「仕事辞めたい」は甘えなのか?悩むなら辞めた方がいい

「仕事辞めたい」、そう考える人に対して「まだ頑張れるはずだ」や「持続力がない」といった批判する声は少なからず上がります。

その声にうながされて「嫌だけどもう少し我慢して続けてみよう」と過ごすケースはよく見かけますが、仕事を辞めたいと訴える背景にはストレスにつながる事情が基本です。

仕事に関するストレスの原因は体をボロボロにさせる労働環境、不毛な人間関係、労働時間と釣り合わない給料などが挙げられます。

こうした原因を改善する事が理想ですが、自分の立場では変えることが出来ない事情が多く、根本的な解決は難しいです。

そのためストレスが蓄積されていくわけですが、そのストレスが命を落とす原因になってもおかしくありません。

ストレスを感じ続けるという事は交感神経が活発になり、常に興奮した状態になります。

交感神経が高ぶってしまうと、不眠症につながったり末梢血管が縮んで体の冷えを引き起こしたりしてしまいます。

また交感神経の活発化は、すなわち緊張状態を指しています。

その緊張状態が長時間続いてしまうと体はもちろん、精神も耐えられません。

最悪、自ら命を絶つという選択をしてでもストレスから逃げようとします。

はっきり言って、心身ともに無理して働く必要はありません。

精神的にも身体的にも異変が起こり、「無理だ」と感じているのなら職場を辞めることをおすすめします。

次の職場の事や就職活動など悩ましい事があるのは否定できませんが、まずは自分を守る事を優先するべきです。

職種が合わない場合は仕事を辞める

職種が合わないと感じた時や、なかなか上手く行かないと判断した時に、仕事辞めたいという考えが出てくる場合があります。

何年もそのような考えが長引くなら、退職するのも一つのやり方です。

しかし、自ら会社を辞める前に「次に何処へ勤めるか」探しておく必要性があります。

仕事をしながら転職先を見つけるのは少し厳しいですから、現在、勤めている会社の上司に長期の休暇を告げて、休んでいる間に次の職場を探す場合は効率が上昇します。

精神的な負担は軽く済み、余裕が少し生まれますから、的確に探す事が出来ます。

心理的に見れば、消極的な感情である、不安、焦り、怒りが強い状態で物事に取り組むと、失敗しやすい事例があります。

しかし逆に、前向きな感情である喜び、楽しみ、安堵、期待が強い状態でアクションすると、良い結果を招きやすくなります。

人間関係においても、仕事探しでも、何でも積極性と前向きな感情は必要不可欠になります。

駄目だと否定すると、消極的な結果になりがちです。

因みに、インターネットを使って求人サイトに登録してスカウトメールを受け取ると、転職がスムーズに進む時があります。

現代日本は常に変化していますから、履歴書不要、経験不問、60代からでも良いという企業も存在します。

駄目だと思うよりも、次に期待出来るという考えはポジティブシンキングに当てはまります。

意識次第で本人の生活状況も変わる事実がありますから、如何に本人に合う仕事を探すかもキーポイントです。

会社の理念が合わない場合は仕事を辞める

私たち人間は社会の中で生きています。

家族や周囲の人々との中で様々な集団に属しながら、自分の生きる目的や社会での役割を探しながら、その役割を果たすために日々を懸命に過ごしています。

その大きな役割の一つとして労働が挙げられます。

現代社会で生きる人々は、社会に出て働くことでその対価として給料を手に入れます。

収入を得ることで自分自身や家族の生計を成り立たせて生きていくのです。

子どもの頃は親や周囲の大人の庇護のもとに毎日学校で勉強して成長していきます。

言い換えれば子どもの仕事は成長していくことであるともいえます。

成長した上で社会に出て働き始めるのです。

仕事を行う目的の一つには前述したお金を手に入れることが挙げられますが、もちろん働く理由はそれだけではありません。

子どもの頃に大人になったらどんな職業に就きたいか、何になりたいかを考えて夢や目標を持ってその夢に向かって努力をしている人もたくさんいます。

病気で家族を亡くした経験から医者や看護師を目指す人もいますし、大好きな祖父母と一緒に暮らした経験から介護職員を目指す人もいます。

人生の中で経験したことや強い衝撃を受けたことで、自分の将来の職業を目指す人もいるのです。

その為に、会社の理念と自分の思いが通じることが大切です。

人が働くためにはその仕事に対する遣り甲斐を感じ自分の社会的な役割を見いだせることは重要になるのです。

自分のやっている仕事に誇りが持てるからこそ、大変な仕事も頑張って続けられるのです。

その為に、会社の理念と自分の思いが相いれない場合のストレスは計り知れません。

会社の理念が合わないこと仕事辞めたいと考えることは自然な事なのです。

仕事辞めたい!ブラック企業に勤めている場合は会社を辞めた方がいい

社会人にとって、働くことは生きることでありお金を稼ぐ手段でもあります。

やりがいや社会への貢献、それも理由の1つです。

しかし、どんなに人に称賛されたり高額な給料をもらっても心に違和感を覚えることがあります。

それは、仕事辞めたいと感じたときです。

仕事を辞めたい理由は様々ありますが、1番多い理由はブラック企業から逃れたいことです。

今の時代、ブラック企業は当たり前と化しています。

本来大切にする社員を部品のように扱い、いざ使えなくなったら捨てるなど企業としての行為を逸脱しています。

そんな会社に勤めていたら、おかしくなって当然です。

けれど、日本人は我慢を美徳とする風潮があり、誰にも相談できないまま搾取される生活を続けます。

どんな結果になろうと、そこから逃げる勇気が必要です。

悲しい現実ですが、ブラック企業に勤めた人間のほとんどはうつ病になったりトラウマを抱えます。

傷が癒えないまま、早く働けと周りからバッシングを受けます。

我慢すればするほど、精神が病んでしまい、2度と社会に出られなくなるケースもゼロではないのです。

ブラック企業と判明したら、すぐ辞めるべきです。

人に迷惑をかけたとしても、自分の命を護れなかったら無駄死と同じです。

社会の喧騒から離れ、自分を見つめ直すきっかけになります。

私たちはつまらないプライドのために、自らの人生を終わりにするほどの間違いを繰り返します。

その悲劇を繰り返さぬよう、この失敗を学ぶべきです。

嫌いな仕事、どうしたら好きになれる?

仕事辞めたいと感じることは少なくないですが、そういう時は発想の転換をすると改善することがあります。

嫌な仕事をしている時は何らかの理由があるので、そのような事について理解をすれば仕事を好きになれる事も多いです。

仕事に不満を持つ時に起こりやすいのは頑張っているのに、それを評価されないと不満を持つことです。

このような気持ちを持つ方はよくいますけど、頑張っているのに評価されないときは発想の転換も必要です。

努力をしても評価されない場合は努力ではなく、結果がどうなっているかを考えると対応がしやすくなります。

仕事の結果をよいものにしていくという発想で仕事をしていれば、結果が残っていくわけですから評価もされやすくなります。

それに対して頑張っていこうと考えてしまうと、結果を重視しないため周りの評価と自分の感覚がずれることがあります。

そうなるとそれが大きなストレスの原因になるので、自分の仕事が嫌いと感じてしまうことになりやすいです。

仕事が嫌だと感じる時は何か新しいことをしたり、周りの評価になりやすい形で結果を残していくことが大事です。

新しいことをすれば気分が良くなりますし、周りの評価を重視すれば客観的に仕事を見られるようになります。

そういうことを繰り返していくと段々嫌な仕事でも好きになれるので、繰り返していけば仕事に対するイメージが変化します。

嫌な仕事をしていて仕事辞めたいと感じた時は、なぜそう考えるのか理由を調べていくと対応がしやすくなります。

仕事を辞めたいけど会社に言えない人の対処法

仕事を辞めたいけど会社に言えない人の対処法

仕事辞めたいけど、なかなか言い出せなくて困っている方もいるのではないでしょうか。

辞めると言っても退職するまでは出勤しないのが辛かったり、人で不足や仕事の忙しい状況や時期を選んでいるとなかなかタイミングが無いなど、悩んでいる理由は様々でしょう。

言えない人に実践してみて欲しい対処法をご紹介します。

まず、辞めたい気持ちが一時的な事なのかを確かめてみてください。

一晩経ってみて気持ちが切り替わったり、お酒を飲んで気晴らしすることでまたやる気が出たりするなら、まだ辞める時期ではないでしょう。

何日経っても、何をしてもやめたい気持ちが治まらなければ本格的にやめるために動かなければなりません。

会社を辞める気持ちが完全に固まっており、もし上司に直接言いにくければ、まず先輩に相談してみるのがおすすめです。

辞めたい原因を解決できるいいアドバイスを貰えるかもしれませんし、辞めるにあたってどんな風に上司に話せばいいのかを教えてもらえるかもしれません。

社内の先輩に言いにくければ社外で交流のある方に相談してみても良いでしょう。

最終的には自分から会社に辞める意思を伝えなければなりません。

会社に伝えたらどうなるだろう、辞めるまでどうやって接していけばいいのだろうなどと考えてしまうと、いつまでも動けないままになってしまいます。

本当にやめたいのなら、そんな気持ちを打ち消すような考えに切り替えなければいけません。

上司のタイミングをみて、仕事に余裕が持てそうな時期に今後の退職に当たっての手続きの事や仕事の引継ぎの件を、自身で考えていることをまとめたうえで報告しましょう。

結婚して仕事を辞めたい人は、仕事を辞めたら最後?

結婚して仕事を辞めたい人は、仕事を辞めたら最後?

結婚して仕事を辞め、専業主婦になり子育てに専念したという人、ちょっと待ってください。

子育てって、幼稚園、学校以外にお金をかけようと思ったらきりがないのです。

幼稚園に行く前は他の人のことがあまり気になりません。

しかし、通いだすと親同士のつながりもでき、一気に子供関係の情報が増えます。

やはり可愛いわが子には出来る限りの体験やサポートをしてあげたいと思うのが親心です。

しかし、パートナーの稼ぎに余裕がある人は一握りです。

ほとんどの人が普通に生活する分には大丈夫だけど、習い事をさせたい、いいものを与えたと思っても財布とにらめっこになります。

では、幼稚園になったら短時間の仕事から始めようと思います。

しかし、それが難しいのです。

まず、短時間の仕事の募集があまりありません

あったとしても次の問題が長期休みです。

最近では夏休みの預かり保育をやっている幼稚園も増えてきましたが、一日1500円前後かかります。

兄弟がいたら高額になり、何のために働いているのかわからなくなります。

また、保育園なら天候が悪く警報が出たときでも預かってくれますが、幼稚園、小学校は完全に休みです。

しかし、ほとんどの仕事は休みにはなりません。

なら最初から保育園にと思いますが、近年は共働きの家庭が増え、保育園も争奪戦のところが多いです。

就職活動中なら保育園の優先順位はかなり後回しにされます。

仕事を辞めることはいつでもできますが、子供が出来ると仕事を始めるタイミングが難しいです。

結婚をして仕事辞めたいともうあなた、もう一度自分の環境を見直し、本当に大丈夫かちょっと考えてみてください。

介護を理由に仕事を辞めると悲惨?

介護を理由に仕事を辞めると悲惨?

少子高齢化が進み直面している現代の問題として介護問題があります。

核家族化も相成って、介護をしていく家族が少ないこともあります。

人は歳をとることで心身に様々な変化が起こります。

今までできていたことが一人ではできなくなり、生活自体がままならなくなります。

一人での生活が成り立たなくなることで家族に頼らざるを得なくなっていきます。

家族としては自分の仕事や生活をしながら、親の介護をしていくことになりますが、それは予想以上に大変です。

仕事で家を空ける時間に、身体が思うように動かない親に対して食事の準備や着替えなどを施し、心配をしながら出かけていくことで精神面でのストレスは大きいものとなります。

仕事が終わったら急いで帰って、親の世話をすることで心身が弱まっていくことも少なくありません。

そして、介護が必要な親を家に留守番させて置けない状況になった時、仕事辞めたい、辞めなくてはいけないと考えるようになります。

老人は身体が弱まることで自分でトイレや食事ができなくなり、更にそこに痴ほうが始まるとすべての生活が自力では行えなくなります。

自分が見なくてはという責任から仕事を辞める方がいますが、それによって共倒れも多く起こってしまいます。

収入がなくなること、そして親を見送った後の自分の人生を立て直すために社会復帰などが思うようにいかないことで、うつ状態を起こすことが少なくないのです。

そうならないためにも親族などと連携すること、そして福祉のサポートを受けることが大切です。

仕事辞めたい!体調がすぐれない。うつ病かも?

仕事辞めたい!体調がすぐれない。うつ病かも?

仕事辞めたい、体調がすぐれない、うつ病かもと思ったらメンタルクリニックを受診しましょう。

今まで楽しく思っていた趣味ややりたいことや仕事が面白くなくなった、なんの感動も感じなくなってしまったり、なにもかもをネガティブな方向へ考えてしまったり、夜眠れない、あるいは今まではそんなことなかったのにひたすら眠くて動く気がしないなどの症状がある場合は、うつ病の可能性があります。

仕事辞めたいと思うのもそのせいかもしれませんし、逆に仕事が原因でそうなっている可能性もあります。

仕事辞めたいと会社の上司に伝えるまえに、メンタルクリニックを受診して、診察してもらい、もしもうつ病だった場合は、診断書を発行してもらうこともできます。

診断書を発行してもらったら、仕事辞めることに有利にはたらくこともあります。

逆に診断書を提出することによって、仕事を辞めることなく休みをもらう事も出来ます。

初期に診察してもらい、早期に治療をスタートすれば悪化させずに済みますし、なによりもご自分の辛い症状を軽減するのには一番良い方法です。

メンタルクリニックにいくまでが随分とおっくうかもしれませんが、そこだけは頑張って受診してみることをお薦めします。

仕事辞めたいと思う気持ちの理由がはっきりしている場合はよいですが、理由がよくわからないのに、なにもかも嫌になってしまった場合は、仕事自体のせいでうつ病にかかっている可能性もありますので、放置せずにメンタルクリニックをはやめに受診することがお薦めです。

仕事辞めたいけど転職回数が気になる!まだまだ日本は保守的な国

仕事辞めたいけど転職回数が気になる!まだまだ日本は保守的な国

正社員として就職をしたら、その会社で定年まで働き続けていくという人は、現代では少なくなっています。

今の時代は一度や二度の転職をしてキャリアアップをしていくという人も増えてきていますので、仕事を辞めて転職をするというのは珍しくなくなってきているのです。

しかし、転職をする人が珍しくなくなってきたとはいっても、あまりにも転職回数が多いのはどうでしょうか。

数年間のうちに何度も何度も転職を繰り返している人は、次の面接時にどんな風な印象を与えることになるでしょう。

現実で言えば、まだまだ日本は他国に比べて保守的な国と言わざるを得ないかもしれません。

転職回数が多いのを良しとしてくれない企業もまだまだ多いですので、短期間に転職を繰り返している人は採用をされにくくなっているのです。

そうなると仕事辞めたいと思った段階で、辞めてまた次をさがせばいいと言う考えは、安易に持ちすぎないようにしたほうがいいでしょう。

あまりにも頻繁に転職を繰り返すことによって、自分の価値を下げてしまうことになります。

どれだけ優秀な人材だったとしても、転職回数が多いというだけでマイナス評価になってしまえば、転職先を見つけることが出来なくなるのです。

仕事辞めたいという気持ちは持ったとしても、本当に転職するしか方法がないのかを考えてもいいでしょう。

転職しなくても何とかなる問題であれば、転職をせずに解決していくようにし、とどまることを考える選択をすることです。

仕事のストレスを会社に言えない人は味方をつくるところから

仕事のストレスを会社に言えない人は味方をつくるところから

会社でのストレスを理由に一度は仕事辞めたいと思った方は、恐らく大勢いるはずです。

その仕事を辞めたい理由やストレスについて始めに考えるべきです。

主な原因は色々とありますが、恐らく人間関係や給料への不満、仕事内容の向き不向きなど数多く理由はあるはずです。

本来ならば職場で起きている仕事に対してのストレスは、上司に直接相談したり業務改善を行う事により解決の糸口が見つかりますが、その様な体制が不足している会社は、仕事辞めたいと思う方が多くなるばかりです。

ある会社では福利厚生を充実させ、社員のストレス解消や趣味が満喫できるシステムを作り上げ、仕事辞めたい人達が一気にモチベーションが上がり、その後も辞めずに仕事を継続している成功事例もあります。

但し、この様な事に取り組めない会社も多くあるのが事実です。

始めにお伝えした様に、一度は仕事辞めたいと思う方は多くいるはずです。

まずは周りの同僚や先輩を見渡して、ストレスを解消するのも1つの手です。

同じ様な経験をしている方は、恐らく一人二人じゃないはずです。

そしてその方達と会話をこなし、良き仲間としての自分の味方を多く作る事です。

同期がいる方なら同期が1番気心が知れて良いかかも知れません。

また、会社でのストレスが溜まる理由について、一度紙に書きだすのも1つの手です。

その味方となってくれた仲間たちと一緒にやってみるのも良いです。

ストレスとなっている原因は、意外と他の人も同意見かも知れません。

皆で解決出来る事は皆で考えた方がスームズに進みます。

仕事辞めたいと思い転職するのも一つの選択肢ですが、辞めた時のメリット・デメリットを総合的に考えて、冷静に物事を判断した方が良いです。

ただし、この時点ではまだ同僚や先輩など会社の人間に「仕事を辞める」「会社を辞めたい」などというのは逆効果です。

仕事辞めたい時には同僚に相談しない

仕事辞めたい時には同僚に相談しない

毎日仕事に行くのが辛いと感じ始めているのであれば、何が理由になっているのでしょうか。

上司との関係がうまくいかずに人間関係が辛いとか、仕事の内容が合わないから辛いとか職場自体に問題がある場合もあるでしょう。

仕事辞めたいと感じたときには、転職も踏まえて考えていかなくてはなりませんが、誰かに相談をしてみたくなることもあるでしょう。

自分の考え方が正しいのか、それともただのわがままなのか、辛い時には正しい判断ができなくなっていることもあります。

そんなときには、誰に相談をすれば正しい答えが導き出せるのでしょうか。

例えば、同僚であれば自分の気持ちをわかってもらうことができそうです。

どんな風に仕事をしているのか、人間関係がどうなっているのかもわかってもらいやすいですので、つい同僚に相談をしてみようと思うものかもしれません。

しかし、これは間違った選択です。

信頼している同僚だとしても、もしかすると噂を流されてしまうことになるかもしれません。

まだ本格的に仕事辞めたいと考えていない段階でそのような噂を流されてしまえば、会社での立場がどんどん悪くなってしまうことになります。

それでは今後、本当に仕事を辞めなくてはならないような状況に追い込まれるかもしれませんし、辞めるにしても円満に退社することが出来なくなってもいけません。

まだはっきりとしたことが決まるまでは、同僚には相談をしないようにしたほうが自分のためにもいいでしょう。

仕事辞めたい時には会社以外の人に相談する

仕事辞めたい時には同僚に相談しない

仕事辞めたいと考えることは誰にでもあります。

給料に不満があったり、人間関係がうまくいかない、自分の能力が正しく評価されていないなど、仕事辞めたいと考える理由は人によって様々です。

ただ、仕事辞めたいと一度考えてしまうと、仕事を辞めることだけしか考えられなくなり、視野が狭くなっていることがあります。

仕事を辞めた後にすぐに仕事が見つかればいいですが、再就職をするために時間がかかることもあります。

その間の生活費は貯金を切り崩さなければなりませんし、再就職先が自分の理想の職場であるとは限りません。

そのため、仕事辞めたいときはすぐに決断をするのではなく、会社以外の人に相談することが必要です。

会社の上司に相談したら、引き止められることがあるので、会社以外の人に相談するとよいでしょう。

そして仕事をなぜ辞めたいのか、辞めた後の就職先のことを考えているのかなど客観的に判断してアドバイスをもらうようにします。

自分だけで決めてしまうと、根拠もないのに都合の良い方向に判断してしまいがちです。

そのため、自分の仕事とは少し距離を置いて、客観的に冷静に判断してくれる人を探すとよいです。

信頼できる人に相談することで、自分が本当にやりたい仕事や望んでいる給料などを知ることができるようになります。

理想を現実にできるかどうかを冷静な目で判断し、それでも仕事を辞めたいと考えたときはその決断を受け入れることができます。

自分で出した決断なので、後悔することもなく前向きに頑張っていけます。

仕事のストレスを家族に言えない人はまずは相談ベースから

仕事のストレスを家族に言えない人はまずは相談ベースから

仕事というのはやりたくないことを行って報酬をもらうものですから、基本的に嫌なことをしていることのほうが多いものです。

稀に自分のやりたかったことや希望のことを仕事にしている人というのもいるものですが、そういった人のほうが珍しいものです。

ですから、仕事辞めたいと思ったことがないという人を探すほうが難しいということもあるものです。

仕事辞めたいと思うことは珍しいことでもなく、当然の感情だととらえてみても良いでしょう。

ですが、こうした辞めたいという感情は積もるに積もってしまうと鬱になってしまったり、仕事を継続できないような事態にもなってしまうものです。

ですから、そうならないようにするためにも相談できる人というのを作っておくと良いでしょう。

相談できる人がいれば悩みも軽減できるものですし、軽くもなるものです。

また、相談したことで悩みの解決にはつながらなくても、気持ちをスッキリさせることというのはできるものです。

ですから、辞めたいと思ったら、自分のその感情だけでつき進むのではなく、誰かに相談してみましょう。

家族や友人、知人といった身近な人というのは言う機会はあっても、心配させたくないという気持ちから言えないこともあるものです。

そのため、言えるようにするためにも相談できる人を探すような時は、電話相談や病院のカウンセリングなどのサービスを利用してみても良いです。

自分の知り合いではなく、相談内容を漏らされる心配もないので最適です。

あてもなく仕事を辞めるのは破滅への道

あてもなく仕事を辞めるのは破滅への道

入社日には誰もがこの会社で頑張って働こう、新しい仲間と共に一生懸命取り組もう、と明るい未来を描き希望に胸を膨らませて初出勤に臨むものです。

しかし、ままならないこの世の中、頑張っても結果が出ない、集中しててもミスしてしまう、あるいは他人に手柄を横取りされた等、望まない出来事は次々と起こるもの。

もう仕事辞めたい、と何度呟くことでしょう。

しかし、実行に移す前に踏みとどまって、仕事を辞めたあとの生活について考えてみて下さい。

通勤ラッシュと無縁、毎日が休日という日々は確かに解放感をもたらしてくれます。

仕事を辞めて本当に良かった、と叫びたくなるかもしれません。

ですが、自由と生活保障は相容れぬもの。

失業保険があるとお考えの方、失業保険は会社倒産やリストラなど会社都合で退職した場合なら速やかに支給されますが、自己都合で退職した場合は3か月間支給されないのです。

よって、あらかじめ貯蓄をしておかなければ、たちまち日々の生活費に困ることになります。

ご両親に無職でいる間の生活の面倒を見てもらうというのも一つの手段ですが、あくまでご両親が我が子に対して寛大かつ経済的に余裕をお持ちでなければ成立しません。

あえて心を鬼にして突き放し、自立を促すという教育方針のご家庭も多いことでしょう。

仕事を辞めたいと思ったら、辞める前に次の仕事を確保することが何よりも大事です。

資格取得をお考えの場合は勉強に集中する期間の生活費を貯めてから、退職手続きに入りましょう。

あてもなく、感情の赴くままに仕事を辞めてしまえば、その先に待つのは身の破滅しかありません。

ご自分の人生はご自身の手でしっかりと管理しましょう。

仕事を辞める決断のその前に!「辞めるリスク」を想像する

仕事を辞める決断のその前に!「辞めるリスク」を想像する

仕事をしていれば誰もが一度は仕事辞めたいと考えるものです。

しかし、そう考えた多くの人は思い直して仕事を続ける決断を下しています。

仕事辞めたいと考えることと、それを実行に移すことの間には大きな隔たりがあるのです。

仕事を辞めることを考え直した人は、辞めることのリスクを想像したために仕事を続ける決断をしています。

仕事を辞めるリスクとしてまず挙げられるのは、収入源が絶たれることです。

仕事をしなければ当然給料を得ることが出来なくなり、収入が一切入らなくなります。

しかし、収入がなくなったとしても家賃や生活費といった支出は必ず必要になり、貯金はあっという間になくなってしまうのです。

すぐに再就職が出来なければ、仕事が見つかるまでの間はアルバイトをしなければならなくなりますが、正社員時代の給料には遠く及ばず、生活は苦しくなります。

また、キャリアに傷が付くことも大きなリスクです。

現在の国内企業は未だに定年まで勤め上げる終身雇用が一般的です。

そのため、途中で仕事を辞めた経緯がある人に対しては見る目が厳しくなってしまうのです。

外資系であれば会社を転々とすることは珍しくないですが、外資系企業に職を得られる人は限られており、多くの人にとってキャリアのマイナスになります。

さらに、仕事を辞めてから再就職するまでの間は肩書きが「無職」になってしまいます。

無職では何かと都合が悪く、クレジットカードの審査に通らなかったり新たに賃貸契約を結ぶことが難しくなるのです。

仕事を辞める前にやっておきたいポイント

仕事を辞める前にやっておきたいポイント

会社に勤めていると、誰もが一度は「仕事辞めたい」と思うものです。

特に、労働条件に問題がある場合には、ストレスによる精神疾患や過重労働に伴う体調不良など、今後の生活の大きく影響を及ぼすものですから、思い切って転職をすることも考えなくてはなりません。

さて、転職する際には、仕事を辞めなくてはなりませんが、辞める前にやっておきたい事がいくつかあります。

まず、一番にやっておきたいのが、転職先の確保です。

いくら嫌な職場でも、辞めた後の生活設計ができていなければ、生活する事すらできません。

会社を辞めてから探すといっても、自分が働きたいと思う職場にすぐに巡り合うとは限りませんから、辞めた後の生活の目処がつくまでは我慢が必要です。

2つ目は、弁護士への相談です。

近年、不払残業や上司からのパワハラなどが原因で退職を余儀なくされた方が急増しています。

これらの不適正事案には、会社に大きな責任がある場合がほとんどですから、慰謝料を請求することもできます。

しかしながら、会社を辞めた後では、不適正事案を立証することが難しく泣き寝入りせざるを得ない可能性もあるのです。

そのような状況に陥らないためにも、仕事を辞める前に弁護士に相談しておくことが大切なのです。

職場は、1日の大半を過ごす場所ですから、ストレスを抱えていると様々な障害が出てきます。

手遅れになる前に、転職などその後の生活設計を検討した対策を行うことが大切なのです。

仕事辞めたい?退職の前に新しい仕事先を見つけることが重要

仕事辞めたい?退職の前に新しい仕事先を見つけることが重要

仕事辞めたいと思っている場合、退職の前に新しい仕事先を見つけておくことは色々な意味で重要です。

特別な理由の無い限り、これは肝に銘じておくと良いでしょう。

とにかく今の仕事が嫌で、一刻も早く辞めたいと思っていたとしても、退職後に新しい仕事先が見つからないのは更に困ったことになるケースが多い、というのをアドバイスしておきます。

一つは、単純にお金の問題です。

仕事を辞めた後、すぐに新しい仕事先が見つかるとは限りません。

新しい仕事が見つかるまでの間は無収入になります。

失業保険などである程度はカバーできるでしょうが、それも限度というものがあります。

そして、お金のないことは焦りにつながります。

早く次の仕事を見つけなければ生活にも差し支えるとなれば、多少自分に合わないかもしれないと思った仕事であっても、早まった判断をしがちになります。

もう一つ、すぐに仕事が見つからないことのリスクは、職歴にブランク期間ができてしまうことです。

人を採用するほうとしても、仕事に適性のある人物かどうかというのは当然見極めたいわけですが、職歴にブランクのある人はどうしてもマイナスになります。

どうしてこの期間仕事をしていなかったのだろうか、もしかするともう仕事そのものが嫌になってしまったのではないだろうか、そうなると自分の会社もまたすぐ辞めてしまうのではないだろうか、などといったことです。

このようなマイナス評価を避けるという意味もあります。

仕事を辞めた後の問題はとにかく「お金」

仕事を辞めた後の問題はとにかく「お金」

長く勤めた仕事を辞めてしまい、お金に困っている人も多いでしょう。

ストレスや、体調不良、病気で仕事を辞める人も多く、家族がいる人は、家族を養っていく必要もあるので、辞めて収入がなくなった人は、不安になる人も多いです。

仕事辞めたいと思っても、お金のことを考えると辞めるのができないという人も多いでしょう。

仕事辞めたいと思っている人は、その後に何をして収入を得ることができるか考えてから辞めるのがポイントです。

何も考えないで辞めてしまうと、お金がなくなって不安の生活になるので、勤め先を決めてから辞めるのが大切です。

病気で働けない人は、無理をしないで完治するまで仕事を休業することが大切です。

仕事を辞めた後は、お金の問題が必ず出てきます。

最初は、貯金を崩してやりくりをしていても、毎日生活をしていると、食費や、交際費、住居費など日々お金が消費していきます。

お金に困った時には、銀行に相談したり、金融関係の会社に相談してみるのが大切です。

次の仕事が見つかるまでは、仕事辞めたいと思っても、仕事を辞めないことで、安定した生活が送ることができます。

お金がないことで、生活に不安も感じ、家族のこと、子供のことも問題が出てくるので、困った時には、相談する人を探しておくことも大切です。

身内や、親戚、金融機関などに早めに相談して解決することがポイントです。

仕事辞めたいと思うのは、ストレスで悩みを抱えている人も多いので、専門医に通って相談することも大切です。

仕事を辞めた直後の生活費

仕事を辞めた直後の生活費

仕事辞めたいと思っても、辞めた直後の生活費のことはしっかりと考えておかないといけません。

仕事を辞めるということは多かれ少なかれ生活に変化が起きるということです。

そして、変化が起きるときにはいつも以上に何かとお金がかかるものです。

具体的には例えば転職活動をするのであれば面接のための交通費がかかります。

面接のためのスーツを新調する必要も出てくるかもしれません。

転職先の職場がどこにあるかによっては、引越しをする必要さえも出てくるかもしれません。

それでいて、収入は途絶えるわけですから、焦りの気持ちも生まれます。

焦りの気持ちというのはいろいろな意味で決して良い結果を生みません。

ですから、アドバイスとしては「仕事辞めたい」と思っても、辞めた直後の生活費のメドをきちんとつけてからにすることをお勧めします。

最も理想的なものは、先に転職先を見つけ、内定を得てから元の職場を辞めることです。

こうすれば収入が途絶えることはありません。

転職活動中はまだ元の仕事をしているのですから収入もあり、焦ることなく腰を落ち着けて自分にあった転職先を見つけることもできるでしょう。

しかし、種々の理由から転職先が決まる前に辞めざるを得ない場合も確かにあります。

そういう場合に備えて、せめて生活費の半年分程度は貯金しておくようにすると安心です。

半年程度もあれば一般的な転職活動には十分すぎる期間ですから、生活費のことをさほど心配せずに済むはずです。

働きながら?辞めてから?転職活動2つのスタイルとは?

働きながら?辞めてから?転職活動2つのスタイルとは?

誰しも一度は仕事辞めたいと考えてしまったことがあると思われますが、その決意が強く実際に転職活動を行う場合もあります。

転職活動には2つのスタイルがあり、在職中の転職活動と退職後の転職活動が挙げられます。

それぞれのスタイルにメリットとデメリットがあり、どちらを選択するのかが重要なところです。

在職中の転職活動は当然のことながら働きながらの活動となるため、十分な時間を確保することが困難となります。

希望通りの求人が見つかり面接を受けたいと思っても、仕事のある平日に面接へ行くことは難しい可能性が高いです。

面接先の企業へ日程の調整を希望することは可能ですが、在職中の企業と面接先の企業との間で予定の調整は必要不可欠となります。

しかしその一方で、在職中の転職活動には精神的な安心感があります。

仕事があり給与が発生しているという状況は、金銭的な面で大きな安心をもたらしてくれます。

まだ退職していないということは、もしも退職の気持ちが変化した時もそのまま仕事を続けることができます。

一時的な感情の迷いで退職してしまうことを防ぎ、金銭面でもじっくりと転職活動を行うことが可能です。

退職後の転職活動は時間には余裕を持つことができますが、収入がなくなったことに対する焦りの気持ちを回避することは難しいです。

少しでも早く仕事を見つけたいという気持ちから、本来の希望条件とは異なる求人にも安易に飛び付いてしまう可能性もあります。

早まった選択は、転職の失敗につながる恐れがあります。

ですので、在職中に転職活動を始めることがベストと言えるでしょう。